MENU

専業主婦でも借りられる!オススメのカードローン

結婚して専業主婦になったら、急で大きな出費はないと考えがちですが、時としてお金が必要になることがあります。子どもが急に病気になったり、ちょっと高価な物を購入しその支払をしなければならない等など。また夫に知られずにお金を工面しなくてはならないこともあるかもしれません。

 

そんな時にカードローンを利用できたら便利だと思いませんか。

 

2010年に改正された貸金業法では、総量規制というものが導入され、年収の3分の1以上の金額を貸してはならないということになりました。従いまして専業主婦は収入がありませんので、総量規制が適用となる消費者金融では一般的にはカードローンを作ることができなくなりました。もちろん収入のある主婦については、年収の3分の1の範囲以内であれば消費者金融で融資を受けることは可能です。

 

それでは専業主婦がカードローンを申し込む方法はないのでしょうか。銀行については総量規制の対象外となりますので、融資を受けることができます。融資が決まれば低金利で借りられますが、銀行の審査は細かく厳しいもの。審査に通らないということもありえますし、嫌な思いをすることもあるかもしれません。

 

そんな時に活用したいのがインターネットでの申し込み。

 

銀行のホームページにアクセスし、借り入れが可能か簡単に調べることができますので便利です。また総量規制の対象外として配偶者貸付制度を利用する方法もあります。これを利用すれば、夫婦の年収を合算して3分の1まで借り入れることができます。しかしこの場合には一般のカードを作成する際には要求されない、配偶者の同意書などの書類も提出しなければなりません。これでは夫に内緒で融資を受けるということは不可能ですね。

 

また実際に取り扱っている業者も少ないので、よく調べる必要があります。専業主婦が融資を受ける場合に注意しなければならない点があります。専業主婦向けの貸出の限度額は業者によって違いますが、概ね30万、最高で50万円といわれます。副業を持つ主婦でもこの金額は変わりがありませんので、あまり大きな借り入れは当てにしないほうが良いでしょう。小遣いの感覚で借りることが大事で、50万円借りられたと言ってもそれなりの金利がかかってきますので、気をつけなければなりません。

 

お金が必要

普段の暮らしの中で貯金を超えるお金が必要になると言うケースもあると思いますが、このような場合に足りないお金をどこから補充してくるかということになり、身内や友人から借金をするという人もいれば、金融機関からお金を借りるという人もいると思います。

身内や友人からお金を借りる場合は金利などが自由に決めることができるということに加えて、もしもお金が返せなくなった場合に返済を待ってもらうことが出来ると言うメリットがありますが、こうした身内や友人同士の借金というのはトラブルに発展する確率が高くなっており、きちんとした手続きを踏んで借金をしていない場合は後から大きなトラブルに繋がる場合があります。

 

せっかくこれまでに築き上げてきた信頼関係や信用関係というのも、たった一度お金を借りただけで簡単に崩れてしまうくらい借金というのは怖いものですが、こうしたトラブルになってしまってはトラブルによる問題よりも心に付く傷の方が大きくなるので、身内同士や友人からお金を借りるのは辞めて、金融機関からきちんとした手続きを踏んでお金を借りるようにしましょう。

急にお金が必要になった場合はキャッシングと呼ばれるローンの利用がおすすめですが、キャッシングと言えば高い金利のローンサービスという印象があるものの、最近のキャッシング金利は大幅に下がってきており、昔のようにキャッシングを利用しただけですぐに債務整理ということはありません。
キャッシングの仕組みは昔で言うところのサラ金と似たような仕組みとなっていますが、サラ金と違って金利は低いため、サラ金にイメージするようなサラ金地獄になるようなことは普通の利用をしているとありません。
ただし、キャッシングは利便性に優れているローンサービスとなっているので、利用方法によっては簡単に借金が増えてしまうこともあるので、キャッシングを利用する場合は金利なども考慮しながら利用を検討しましょう。

 

 

急な出費が発生することってありますよね?例えば友達の結婚が急に決まったり、いきなり出張をいわれて料金を建て替えたり・・・。皆が裕福というわけではありませんし、貯蓄もそんなにあるわけではありません。しかし、人からお金を借りることも難しいですよね?また消費者金融でお金を借りることにも抵抗があると思います。最近は銀行が経営していることが多いので、しっかりとした経営を行っているのですが、過去に起きた事件を記憶している人もいますので、あまり良いイメージがないのかもしれません。

 そんな時に活躍するものがカードローンです。カードローンはしっかりとした審査を受けた後で個人に対して融資を行うものです、しかもカードとATMがあればすぐに融資を受けることができる便利なアイテムです。もちろん返済は必要なのですが、申込時の条件で金利も比較的安く借りることができます。
 企業が融資を受ける場合、事業報告書や計画書を提出し、銀行がそれを調べて本当に融資を行っても良いか判断します。個人ではそこまでの審査は無いことも特徴です。普通に生活していればほとんどの人が作成可能でしょう。カードローンは必要な分だけを借りることができます、反対に言えば借りなければ返済の必要もありませんので、心配の要らないものなのです。
 カードローンは様々な企業から発行されていますが、どうしても怖いという人には銀行が発行しているカードローンがおすすめです。銀行は金融庁が監督しているだけに非常に厳格です。違法行為を行い返済要求することもありません。予めカードを作っておけば、彼女とのデートで現金が必要になっても困りません。これはチャンスを逃すことにならないための保険なのです。
 さあ、カードローンの基礎知識を身に付けていただき、メリットデメリットをしっかりおさえて、申し込み方法と返済方法を覚えれば怖いものはありません。正しい知識で正しい使い方を行い、人生をより楽しいものにしましょう。

更新履歴